ウォッチガード、セキュリティアプライアンスのOS新版を発表

CNET Japan Staff 2007年04月18日 13時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウォッチガード・テクノロジージャパンは4月17日、中小規模企業向けのセキュリティアプライアンス「Firebox X Core」および「Peak」のOSの新版「Fireware 9.0」と拡張版の「FirewarePro 9.0」の出荷を開始した。

 新版では、ネットワーク構成の柔軟性、VPNバックアップ機能の向上、VPNトンネル管理など、ネットワーク機能が強化された。また、ポリシーベースルーティング、VLAN、Multi-WANフェイルオーバー、ロードバランシングといった新機能も追加されている。

 今回の発表に伴い、同社は新たなチャネルパートナープログラムも発表した。パートナーのマーケティングプログラム資金を援助する「co-opプログラム」や、マーケティングプログラムの企画・実行を無償で支援するマーケティング・コンサルティングを提供する。マーケティング・キャンペーンも毎月実施するという。

 Fireware 9.0搭載のWatchGuard Firebox X Coreの価格は、エントリー機種のX550eモデルで、37万2000円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!