編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ウォッチガード、米Citrixの技術を用いた中小企業向けSSL-VPN専用装置を販売開始

田中好伸(編集部)

2005-08-23 21:01

 ネットワーク・セキュリティのウォッチガード・テクノロジーズ・ジャパンは8月23日、SSL-VPN専用装置「WatchGuard Firebox SSL Core VPN Gateway」の販売を開始した。価格は75万2850円からとなっている。

 同製品は、米Citrix SystemsのSSL-VPN専用装置「Citrix Access Gateway」が含む技術とウォッチガードのハードウェアを組み合わせたものだ。Firebox SSLは、同時使用ユーザー数を205人までとした、中小企業向けの機種である。

 ウォッチガードの中井健二社長は「既存のSSL-VPN製品は価格が高いか使いにくい」と説明。Firebox SSLは中小企業向けとして「煩雑な機能を省き使いやすいように設計され、価格が安く、管理コストを低く抑えられる」(中井社長)と優位性を強調している。

ウォッチガード・テクノロジーズ・ジャパン代表取締役社長 中井健二氏

 Citrix製品との関係については「両社は補完的関係にある」と説明した。大企業向けはCitrixが、中小企業向けはウォッチガードが担うという棲み分けをしていく。

 Firebox SSLには「Secure Access Client」モードと「KIOSK」モードの2つの機能がある。Secure Access Clientではパソコンにエージェントソフトが必要となり、KIOSKではエージェントソフトがいらない。KIOSKモードは、インターネットカフェなど不特定多数の人間が使うパソコンからVPN(仮想私設網)通信でデータをやり取りしながらも、パソコンにデータを残さない。

 Secure Access Clientは、クライアント・サーバアプリケーションやウェブアプリケーションに加えて、ソフトウェアベースでのIP電話での音声通信もできる。また同モード下では、社内ネットワークに接続するパソコンに対して、ウイルス対策の定義ファイルやセキュリティホールなどもチェックして、エンドポイントセキュリティ機能を搭載する。

 Firebox SSLは本体価格とは別に、同時利用ユーザー数5で10万9200円、同10で21万7350円、同20で43万4700円のライセンス料が必要になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]