編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ウォッチガード、中規模企業向け統合脅威管理セキュリティ・ソリューションを発表

CNET Japan Staff

2006-11-28 15:26

 ウォッチガード・テクノロジージャパンは11月27日、新たなe-Series UTMプラットフォーム「Fireware Pro 8.3」を日本市場向けに出荷することを発表した。同製品は、中小規模企業向けに提供される。

 Fireware Proは、同社のセキュリティアプライアンス「Firebox X Core」「Firebox X Peak」との組み合わせで提供され、HTTPトラフィックに対するアンチウィルススキャンを可能にする。ウェブサーバやクライアントを保護するとともに、各アプライアンス製品に対するポートの追加や、よりパフォーマンスに優れたファイアウォールおよびVPN機能を提供するという。

 同社では、e-Series UTMとして、今後12カ月で2000台の販売を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]