ビーコンIT、国産データ連携ツール「Waha! Transformer」最新版をリリース

CNET Japan Staff 2007年06月22日 15時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビーコンITは6月21日、同社が開発/販売するエンタープライズETL(データ抽出、変換/加工、ロード)ツールの最新版「Waha! Transformer Ver.2.4」の出荷を開始したことを発表した。

 Waha! Transformerは、1999年より販売されたELTツール。すでに国内500社以上の導入実績を持つ。同製品を使用することで、データの抽出、変換、加工に関するシステムの構築、変更、再利用を効率化し、関連するコストを削減することができる。

 現在、データウェアハウス構築をはじめ、基幹業務のシステムデータ移行や企業間システム連携におけるデータ変換、バックアップ費用削減、監査証跡処理など、企業システムにおけるさまざまなデータ収集/加工業務で活用されている。

 Waha! Transformer V2.4の新機能としては、64ビット対応や対応文字コード追加、運用管理ログの追加、同一ジョブの同時実行モードなど。そのほか、関数の追加、ユーザーインターフェースの改善など、数多くの機能改善が行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!