編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

カシオ計算機、200社の取引先向け受発注システムをビーコンIT製品で再構築

CNET Japan Staff

2006-07-19 21:54

 ビーコンITは7月19日、同社が開発/販売するデータ連携ツール「BeaconIT Data Integration Suite for EDIデータ加工(BDIS for EDI)」がカシオ計算機の受発注システムに導入されたことを発表した。

 カシオ計算機では、市場の変化に対応し、売上利益を最大化することを目的に、システムの再構築プロジェクトをスタート。ERPパッケージを導入し、ほとんどの基幹システムの移行を完了していた。この20年来稼動し続けている国内販売システムは、大規模で複雑化したため、システムのメイン部分をERPに移行し、そのほかは機能別に分割して対応していた。

 対象となるEDIシステムは、国内VAN会社を経由して約200店の量販店の受発注データをやり取りしており、国内販売70%を占める重要な仕組みとなっている。EDIデータの多くは取引先ごとに異なる固有のフォーマットで受送信するため、現行システムでは個別にプログラムで処理すると約30人月(3000万円)が必要だった。そこで開発工数の大幅な削減を目標に、BDIS for EDIの導入を決定した。

 カシオ計算機では、BDIS for EDIの操作性が良く短期間でのシステム立ち上げが可能なこと、固有フォーマットの作成/変換に対応できること、顧客や項目の増減にフレキシブルに対応できること、誰が作っても同じものができることなどを評価して採用した。

 同製品の採用により、EDIシステムの再構築にかかる工数を30人月から10人月に削減したほか、調査も含め3カ月で作業を完了、取引先の変更や増減に柔軟に対応などの効果を上げている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]