ログイット、トラフィック監視機器「LG-Probe」を販売--sFlow/NetFlowに対応

田中好伸(編集部) 2007年08月10日 20時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ログイットは8月10日、ネットワークのトラフィックを監視するハードウェア「LG-Probe」を8月20日から販売開始することを発表した。オープンプライスだが、市場予想価格は20万円程度になるとしている。

 トラフィック管理は、サンプリング技術を利用した「sFlow」やキャッシュベースの「NetFlow」などの技術を活用することで、高速なネットワークでもほぼリアルタイムの監視が可能となっているが、sFlowやNetFlowは比較的高価なルータやスイッチにだけ実装されているのが現状だ。

 LG-Probeは、同社製ネットワーク管理ソフト「LiMS」を既存ネットワークに導入することで、低コストでネットワークのリアルタイム監視が可能になると同社では説明している。

 また、一般的に普及している価格帯のルータやスイッチではほとんど実装されていない、SNMPを利用したトラフィック管理手法「Remote network MONitoring(RMON2)」にも、ほぼ対応していることから、すでに別のネットワーク管理システムを利用中であっても、より広範囲に、詳細なトラフィック管理が可能だとしている。

 拡張機能として、Winny通信を検知する機能や、MACアドレスによる検疫やVLANに対応した不正PC排除機能、不正侵入防止(IDS)機能も用意されている。

 ログイットは、LG-Probeを代理店経由で販売する。初年度売上目標は1億円としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!