編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ネットワン、米企業製トラフィック分析・セキュリティアプライアンスを販売

CNET Japan Staff

2007-06-21 17:17

 ネットワンシステムズはこのほど、米ARBOR Networksと日本国内向け販売代理店契約を締結し、同社製トラフィック分析/セキュリティアプライアンス「PeakflowSP」の販売を6月1日から開始したことを発表した。

 同製品は、ルータやスイッチからフロー情報を収集し、トラフィック分析を行うフローコレクターのアプライアンス製品。網内トラフィック分析およびピアリング分析が可能で、トラフィックの異常を検出することができる。

 価格は1239万3000円から。大規模SI事業者、コンテンツサービスプロバイダー、 通信キャリア向けに初年度20システムの導入を目指す。

 近年ネットでは、PtoPやマルチメディアサービスなどでトラフィックが爆発的に増加し、ネットワークのトラフィックはより多角化、多様化する傾向にある。その結果基幹ネットワーク側で多くの課題が発生し、なかでもトラフィック管理に関して早急な対応が求められている。対策として、単に設備増強を行うのではなく、トラフィックポリシーによって帯域を管理・運用する手法がコスト削減にもなり、改めて注目されている。

 こうしたネットワークトラフィックの分析手法としてSNMPベース、DPIや帯域制御装置などのインラインデバイスが存在する。トラフィック全体の傾向分析をするにはルータ・スイッチのフロー情報(Netflow、sflowなど)を利用する手法があり、今回のPeakflowSPもフロー情報を利用するもの。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]