編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットワン、米企業製トラフィック分析・セキュリティアプライアンスを販売

CNET Japan Staff

2007-06-21 17:17

 ネットワンシステムズはこのほど、米ARBOR Networksと日本国内向け販売代理店契約を締結し、同社製トラフィック分析/セキュリティアプライアンス「PeakflowSP」の販売を6月1日から開始したことを発表した。

 同製品は、ルータやスイッチからフロー情報を収集し、トラフィック分析を行うフローコレクターのアプライアンス製品。網内トラフィック分析およびピアリング分析が可能で、トラフィックの異常を検出することができる。

 価格は1239万3000円から。大規模SI事業者、コンテンツサービスプロバイダー、 通信キャリア向けに初年度20システムの導入を目指す。

 近年ネットでは、PtoPやマルチメディアサービスなどでトラフィックが爆発的に増加し、ネットワークのトラフィックはより多角化、多様化する傾向にある。その結果基幹ネットワーク側で多くの課題が発生し、なかでもトラフィック管理に関して早急な対応が求められている。対策として、単に設備増強を行うのではなく、トラフィックポリシーによって帯域を管理・運用する手法がコスト削減にもなり、改めて注目されている。

 こうしたネットワークトラフィックの分析手法としてSNMPベース、DPIや帯域制御装置などのインラインデバイスが存在する。トラフィック全体の傾向分析をするにはルータ・スイッチのフロー情報(Netflow、sflowなど)を利用する手法があり、今回のPeakflowSPもフロー情報を利用するもの。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]