日本コンピュウェア、アプリケーションの性能を分析するアプライアンスを販売開始

CNET Japan Staff

2006-10-24 13:49

 日本コンピュウェアは10月23日、ウェブアプリケーションおよびエンタープライズアプリケーションを対象とした、性能分析のためのエージェントレス監視アプライアンス「Vantage Agentless Monitoring 5.1英語版」の販売を同日から開始することを発表した。

 新製品は、運用時に本番システムに負荷を掛けることなく、リアルタイムな性能分析を行えるアプライアンス。システム運用時におけるリアルタイムかつ正確な性能分析が可能という。

 分析時には、GUI操作をテストスクリプトとして記録/再生することで、複雑な環境および繰り返し実施されるテスト作業に加え、コントロールや画像データなどの検証を自動化できる。さらに、テスト資産の一元管理とチーム内での共有をはかることも可能だ。

 エージェント方式では、サーバにデータ収集用のソフト(エージェント)を追加するために、大規模環境の場合、テスト環境での検証、本番環境への順次導入といった段階的な展開などの考慮が必要になる。だが、Vantage Agentless Monitoringは、専用ハードを用いてネットワークから直接トラフィックデータを収集するので、導入設置してすぐに最大の効果を得られるとしている。

 Vantage Agentless Monitoringでは、HTTPやSMTP、DNSなどのウェブアプリをはじめ、TCPベースの業務システムやパッケージソフト、バックエンドシステムのデータベースやミドルウェア、XML、VPNゲートウェイなどすべてのアプリケーションのトランザクションを分析できるという。

 価格は最小構成で2052万1000円より。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]