編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アドベントネット、ネットワーク帯域監視・分析ツールをバージョンアップ

CNET Japan Staff

2007-01-17 20:45

 アドベントネットはこのほど、ネットワーク帯域監視・分析ツール「AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer」の最新版「バージョン 5.5」の販売を開始した。

 AdventNet ManageEngine NetFlow Analyzer 5.5は、シスコのパートナー企業である米AdventNetが開発したウェブベースのネットワーク帯域監視・分析ツール。ネットワークの帯域利用状況をリアルタイムで把握することができる。最新版では、Cisco NetFlow v9のサポートやNetFlowパケットのデータの1カ月間の保存などの機能が追加された。

 動作環境は、OSがWindows 2000 SP4/XP SP1以上/Windows Server 2003/Windows 2000 Server、Linux(Red Hat Linux 8.0/9.0/Red Hat Enterprise Linux AS/ES 2.1/3/4)。ブラウザがInternet Explorer 5.5以上、Netscape 7.0以上、Mozilla1.5以上。価格は以下の通り(いずれも初年度保守サポート付)。

  • 10論理インターフェースパックランタイムライセンス=17万3000円
  • 20論理インターフェースパックランタイムライセンス=32万4000円
  • 50論理インターフェースパックランタイムライセンス=64万8000円
  • 100論理インターフェースパックランタイムライセンス=108万円

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]