編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

物産ネットワークスとMBSD、ワーム拡散防止ソリューションを共同で発売

WebBCN (BCN)

2005-08-08 10:52

 物産ネットワークス(古賀宗仁社長)と三井物産セキュアディレクション(MBSD、野村一洋社長)は、「ワーム拡散防止ソリューション」を共同発売した。

 同ソリューションは、米ミラージュ・ネットワークスのワーム拡散抑止アプライアンス製品「Mirage CounterPoint」と、米ファウンドリー・ネットワークスのネットワーク製品を組み合わせたもの。

 パケットモニタリング機能を搭載したファウンドリー・ネットワークスの「sFlow」から得た情報を基に、同社のネットワークマネージメントソフトウェア「IronView Network Manager」と連携して攻撃に関連するルーター・スイッチに攻撃を防ぐ設定を自動で行う。これにより、装置単体ではなく、ネットワーク全体で攻撃トラフィックを防御することが可能。

 また、ワームに感染したパソコンをネットワーク内に接続した場合でも、「Mirage CounterPoint」が発信元を隔離することによって、自動的に二次感染を防ぎ、攻撃者によるアタックを「おとりホスト」に向けさせることで、ワームやウイルスの拡散も防止する。

 物産ネットワークスは、同ソリューションを社内デモルームで展示する。また両社は、「ワーム拡散防止ソリューション」に関する共同セミナーを開催する予定。

物産ネットワークス

三井物産セキュアディレクション

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]