Fセキュア、企業クライアント向け総合セキュリティ対策の最新版を発売

吉澤亨史 2007年09月14日 19時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは9月14日、企業向け統合セキュリティ対策の最新バージョン「F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティ」Ver7.10の出荷を同日から開始すると発表した。また、「F-Secureアンチウィルス ワークステーション版」Ver7.10の出荷も同時に開始する。

 F-Secureアンチウィルス ワークステーション版は、ウイルス対策、スパイウェア対策、集中管理機能などを搭載する統合セキュリティ対策ソフト。F-Secureアンチウィルス クライアントセキュリティではさらに、ルートキット対策、侵入検知機能、ファイアウォール、侵入防止機能、アプリケーション制御なども装備する。

 両製品ともこのほか、モバイル環境での定義ファイル更新元の自動切換機能や、接続場所によりWindows端末のセキュリティレベルを自動的に切り換える機能も装備した。新版では、システム負荷を大幅に軽減し、動作プラットフォームにWindows Vistaが加わっている。これにより、F-SecureのWindowsクライアントの全製品がWindows Vista対応を完了したことになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!