編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本エフ・セキュア、64ビットに対応したLinuxサーバ向け統合セキュリティ製品を発売

CNET Japan Staff

2007-04-10 19:17

 日本エフ・セキュアは4月10日、Linuxサーバ向け統合型セキュリティソリューション「F-Secure Linuxサーバセキュリティ Ver5.51」の販売を開始した。

 F-Secure Linuxサーバセキュリティは、リアルタイムでのウイルス、スパイウェア検査、ファイアウォール機能、不正侵入防止機能を持った製品。最新版では、独立したスパイウェア検索エンジンを搭載してスパイウェア検査の精度を高めたほか、コマンドラインモードでのインストールをサポートし、動作の安定性も向上させている。

 また、EM64T、Athron 64、OpteronなどのCPUを搭載したマシンで稼働する64ビット対応のディストリビューションをサポートしている。

 対応ディストリビューションは、32ビットがRedHat AS/ES 2.1/3.0/4.0、Miracle Linux 2.x/3.0/4.0、SUSE 8/9/10、TurboLinux 10、Debian 3.1。64ビット(x64)がRedHat AS/ES 4.0、Miracle Linux 4.0、SUSE 9/10、TurboLinux 10。

 価格は、8万8000円/サーバ(初年度、税別)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]