編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本エフ・セキュア、SaaS型セキュリティソリューションをISP事業者に提供

目黒譲二

2007-06-22 20:53

 日本エフ・セキュアは6月22日、ISP事業者に向けて、SaaS型セキュリティソリューション「F-Secure PCプロテクションサービス」の提供を開始したと発表した。

 F-Secure PCプロテクションサービスは、ISP事業者が、自社サービスのユーザーにPCセキュリティサービスを提供することを可能にするソリューション。21日から栃木ケーブルテレビに提供を開始した。

 ウイルス、ワーム、スパイウェア、トロイの木馬の侵入をリアルタイムで阻止する「リアルタイム自動保護」をはじめ、未知の攻撃に対応する「ホストベース侵入検知機能」、ルートキットで隠されたウイルスやスパイウェアを検知する「ルートキット対策」などのPCセキュリティサービスを提供することができる。

 ユーザーは、回線費用やコンテンツサービスと同様に、月額サービスとしてPCセキュリティサービスをISP事業者から購入することができ、ソフトウェアをPCにインストールするだけで、毎年発生するライセンス更新や、バージョンアップ時の再インストールなどの煩わしい作業なしに、自動的にパターンファイルのアップデート、製品の修正、バージョンアップなどを行うことができる。

 対応OSは、Windows 2000/XP/Vistaとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]