OSI参照モデルのお勉強・その1--ネットワークのイロハ(2)

宮本健一(ノーテルネットワークス) 2007年06月04日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワークには関係ないが、皆さんは「コツコツ先行型」か、「土壇場追い込み型」のどちらだろう。近年私はコツコツ先行型になっている。「直前で何かあったらどうしよう」と、リスクを大きく考えるようになったのだ。これは自分が大人になったからなのか、それとも肝っ玉が小さくなったのか、どっちだろうか。

 どうでもいい話しはさておき、前回は「ネットワークとは?」からはじまり、「プロトコルとは何か?」「プロトコルはネットワークでどのような役割を果たすのか?」について簡単に説明した。ネットワークとは通信であり、プロトコルという共通言語を使うことによって、異なった機器同士でデータや音声アプリケーションを伝えることができるという話をした。また、通信を可能にするプロトコルは階層(レイヤ)に分かれていることにも触れた。

 今回は前回の予告通り、通信を成立させるために必要なプロトコルの階層について説明する。階層は5階層で、「物理層」、「データリンク層」、「インターネット層」、「トランスポート層」、「アプリケーション層」に分かれている。ます最下層の物理層からいこう。

 物理層では、「0」と「1」で電圧を変化させたり光を点滅させたりする。ネットワークの中で唯一可視できる階層(レイヤ)だ。ここでは、電気信号化を通すケーブルやコネクタ、リピータの形状、特性、信号の電圧等を決める。

 よくカタログ上のスペック欄で「48ポート×10/100/1000BASE-T」「1ポート×10GIG XFP」といったように、対応インターフェースが記載されているのを目にすると思う。何度も繰り返すがこれは、このポートはこの種類(規格)のケーブルであれば動作する、というルールであり、どのメーカーのものでも米国の電気電子技術者協会で定められたIEEE802.3の規格に準拠していれば基本的には問題なく動作するはずである。

 この層はあくまでも「0」「1」で表す電気信号を通す媒体についての取り決めなので、データの中身には触れないことを留意していただきたい。

物理層
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化