IPアドレスの読み方 その2--ネットワークのイロハ(5)

宮本健一(ノーテルネットワークス) 2007年07月30日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回(第4回)の連載は、お蔭様でZDNet Japanの記事ランキング第2位まで復活した。理由として考えられるのは、「IPアドレス」という基礎を学ぼうとする方々にとって外せないキーワードを扱ったこと。そして、「読み方」という、これまた途中からでも乗り込みやすいタイトルだったことだろう。現在のネット社会においては「ウェブ標準」や「SEO」でもみられる通り、膨大な情報の中からまず「引っ掛けられる」ことが重要で、次に「引っ掛かった」ものを確実にゲットするため、惹きつける「コンテンツ(内容)」が必要になる。さてこの連載はどうだろう? おそらく今述べたことではなく、ただ単にZDNet Japanのトップページに掲載されたからアクセスランキングが高かった、というのがオチなような気もする……

 さて、前回はIPアドレスの仕組みや、「ネットワーク部」と「ホスト部」、そして「クラス分け」の概念についてお話しした。途中2進法や10進法が入り混乱した方もいるかもしれないが、心配しないでほしい。「クラス」には、「クラスA」「クラスB」「クラスC」(「クラスD」)があり、最初のうちはそのIPアドレスがどのクラスに属しているのかが最低限わかればよい。

 と、気分が楽になった(?)ところで、今回は前回予告したとおり、昨今よく使われている「CIDR(Classless Inter-Domain Routing:サイダー)」と「サブネット(マスク)分け」(サブネッティング)について説明しよう。

 まず背景の説明から。

 先にお話した通りIPアドレスの枯渇問題から、無駄なく必要な分(数)だけIPアドレスを供給しようという動きがでてきた。クラス分けでは、例えば「クラスB」を取得した企業は、約6万5000個のアドレスをホストに付与できるが、「クラスC」では約250個しか付与できず、その差はあまりにも大きい。例えば1000個のIPアドレスが必要な企業はクラスBを取得し、単純計算すると6万5000個マイナス1000個で、6万4000個のIPアドレスが無駄になる。特にクラスBは枯渇が深刻で、新たな方法が模索された。

 上記のようなクラス分けは「クラスフル」なクラス分けと呼ばれるが、IPアドレス枯渇問題対策として「クラスレス分け」という概念が新たに登場した。これは簡単に言うと、任意に「ネットワーク部」を区切ることだ。つまり「クラス分け」のように、規則正しく「ネットワーク部」と「ホスト部」を区切るのでなく、好きな境界線でこの2つを区切る。

 例えばクラスBでは、上位16ビットがネットワーク部で、割り当てられるアドレス数は約6万5000個と決まっていたが、クラスレスの概念では、例えば上位22ビットまでをネットワーク部とし、残り10ビットをホスト部として区切ることができる。これにより、供給できるアドレス数は1022個になる。ビット単位でネットワーク部を区切れるので、IPアドレスが無駄なく使えるのである。では、このクラスレスはどのように表現されるのだろう。

 こんな表記を見たことはないだろうか。

図1

 これは、クラスレスの表記である。クラスフルの考え方では、クラスCのネットワーク部は最初の24ビットだが、クラスレスではネットワーク部が26ビットになる。それをどこで判断するのだろうか。「/26」という表記だ。そして、ホスト部は当然6ビットとなる。クラスレスの考え方はCIDR(Classless Inter-Domain Routing)と呼ばれ、今ではクラスフルよりも一般的に使われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化