エフ・セキュア、Linux、VMware対応のメールセキュリティソフト「F-Secureメッセージゲートウェイ」

ニューズフロント

2007-05-30 14:29

 日本エフ・セキュアは5月30日、LinuxおよびVMwareで利用可能なウイルスメール/スパム対策ソフト「F-Secureメッセージゲートウェイ」の販売を開始した。価格はメールアカウント数によって異なり、ライセンスおよび初年度保守料金と次年度以降の年間保守料金がいずれも税別79万円からとなる。

 同ソフトについて、日本エフ・セキュアは「高精度のスパム検出エンジンや隔離メール確認機能などを備えた企業向けメッセージングソリューション」と説明する。IPアドレスレベルでSMTP接続を調べて悪意のある接続を阻止するほか、各種ネットワーク攻撃からの防御、パターンファイル未作成の新ウイルス対策も可能という。

 Red Hat AS/ES 3.0および同4.0(32ビット版、64ビット版)で利用可能な「Linux版」と、仮想化ソフトVMware Server 1.0.1およびVMware ESX Server 3.0.0、同3.0.1に対応した「VMware版」を用意する。

 日本エフ・セキュアでは、初年度100ライセンスの販売を見込む。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]