Webサイトにアクセスするとマルウェアをダウンロード:マカフィー調査

荒浪一城 2007年10月04日 20時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月4日、マカフィーは9月のネットワーク脅威の状況を発表した。

 ウイルスでは、7月に発見された「W32/Zhelatin.gen!eml」が引き続きトップにランクされている状況。このウイルスはスパムメールを介し、脆弱性を利用した攻撃プログラムをホストしているサイトへ誘導し、そのサイトにアクセスするだけでダウンロードを開始させるという。

 不審なプログラム(PUP)では、トップ10の多くをアドウェアが占める状況。中でもWinfixerやDrivecleanerは常に上位に並んでいるという。マカフィーでは、フリーソフトの不用意なダウンロードは危険だと警告している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?