ドリーム・アーツ、RSSリーダ機能を加えたポータル型グループウェアの新版を発売

CNET Japan Staff 2008年03月14日 18時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドリーム・アーツは3月14日、大規模向け企業情報ポータル型グループウェアの最新版「INSUITE Enterprise ver.2.2」(インスイート)を発売した。

 インスイートは、企業情報ポータル(EIP)、グループウェア、ナレッジマネジメントの機能を統合した製品。大規模組織での利用に耐えるセキュリティ、アクセスコントロール、ユーザーグループ管理機能を備える点も特長で、8万ユーザーを超える日本郵政グループをはじめ、数千〜十万ユーザー規模の導入事例も多いという。

 最新版となるインスイート ver.2.2では、新たにRSSリーダを追加。RSSリーダにより、外部のシステムやサービスが発信する情報を取り組み、ポートレットの1つとして表示できる。また、Windows Vista、Internet Explorer 7環境での動作に正式に対応した。

 インスイート ver.2.2のライセンス価格は、10クライアントパックの15万円(税別)より。既存ユーザーのバージョンアップは無償。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!