内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PR

Special

新着記事

  • ITベンダーとの新たな協調関係

    前回の本コラム「デジタル化で変わるITベンダーとの関係」では、デジタル・イノベーション創出のためには、ITベンダーと新しい枠組みでの協調関係が必要となると述べました。今回は、その具体的な取組みやアプローチを紹介します。

  • デジタル化で変わるITベンダーとの関係

    ビジネスIT領域でのシステム構築やデジタルビジネスの創出には、これまでの企業ITの構築や運用と異なる進め方やスキルが求められます。ユーザー企業のIT部門が独力でこれを行うことには困難を伴うことから、ITベンダーと新しい枠組みでの協調関係が必要となるでしょう。

  • IT部門がイノベーションに関わることの意義

    デジタル化が進展する中、ITを活用したイノベーションが期待されています。しかし、IoTやビッグデータなどを活用した先進事例の多くは、必ずしもIT部門が深く関わったものばかりではありません。IT部門は、イノベーションに対してどのような関わりを持つべきなのでしょうか。

  • スリムなIT部門への警鐘

    “スリムな本社”という耳当たりの良いスローガンの下に、本社IT部門に最低限の機能だけを残し、それ以外をシステム子会社やアウトソースに委ねるべきだというのが、あたかも定説のように語られています。ITが経営やビジネスに大きな影響を及ぼすようになった現在においても、この定説は本当に正しいといえるのでしょうか。

  • IT部門の業務とスキルのポートフォリオ

    IT部門に対する期待と果たすべき役割が変化するなか、IT部門のスタッフが具備すべきスキルも変化しています。企業では、適正なソーシング戦略も考慮しながら、自社で持つべきスキルを定義することが求められます。

  • IT部門に求められる投資家向け情報発信の積極的サポート

    第10回では主にIT部門の社内マーケティングの手段としてIT白書の策定を紹介しましたが、今回は株主や投資家といった社外のステークホルダーに対してITの利活用や運営状況を積極的に情報発信するIT-IRについて考えてみます。

  • IT部門に欠如する2つの機能を補うには

    第8回「多くのIT部門に欠如する自己評価能力」と第9回「IT部門に求められるマーケティング機能」でIT部門に欠如する2つの機能について述べましてきました。今回は、この2つの機能を強化する方策としてIT白書の策定を推奨します。

  • IT部門に求められるマーケティング機能

    国内企業のIT部門に不足しているもう1つの機能が、マーケティング機能です。IT部門は、やるべきことはしっかりやっているのに、アピール下手だと言われるのもマーケティング機能の不足に起因しています。

  • 多くのIT部門に欠如する自己評価能力

    社内におけるIT部門の地位と経営者や事業部門のITに対する理解度の向上が重要だと考えるIT部門は少なくありません。一方で、それをこれまで妨げていた要因の1つが、IT部門自身の自己評価能力の欠如であることに気づいているIT部門は必ずしも多くないのではないでしょうか。

PR

Special

企画特集一覧へ

PRSpecial

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!