編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

中堅中小企業の競争力を拡大するbit-drive--仮想プライベートクラウドで課題を解決

中堅・中小企業こそクラウド活用を!

 クラウドの導入事例が大企業を中心に増えおり、そのメリットは国内でも着実に浸透しているように見える。だが一口にクラウドといっても、多くの国内企業では基本的に、システムやデータを外部に持つパブリッククラウドには根強い不安感を抱いている。投資余力のある大企業ならプライベートクラウドの構築が一定の解決策となるが、クラウド本来の、初期投資が軽微というメリットは薄まってしまう。中堅中小企業の立場にしてみれば、不安が残るパブリックでも費用のかかるプライベートでもない、最適解のクラウドソリューションは長らく不在だった…というのが現在までの流れだ。

 だが前述の問題さえクリアできれば、情報システム全体をプロに預けるというクラウドコンピューティングは本来、中堅中小企業の心強い見方となるはずだ。そこで本稿で注目するのが、ソニーが提供するITソリューションサービスである「bit-drive」だ。 同サービスは「仮想プライベートクラウド」の技術により、セキュアなクラウドサービスを提供する。また、アプリケーションの提供にも力を入れている点がユニークだ。以降は、実際に同サービスの営業担当にインタビューした、bit-driveの特長と導入メリットの詳細である。

仮想サーバ+VPNの「仮想プライベートクラウド」がセキュリティ不安を解決

左寄せの画像
ソニービジネスソリューション営業・マーケティング部門 bit-drive営業部
営業1課 菅原翼氏

 「安心して預けられる所があるならばアウトソーシングしたい、というのが一般的な企業の考え方です。コストとセキュリティが両立しているマネージドイントラネットならば、それがかなえられます」と、bit-driveの営業、菅原翼氏は語る。

 bit-driveの「マネージドイントラネット」では、データセンター内に専用サーバを置くのではなく、仮想化したサーバを用意する。そしてアクセスにはインターネットVPNを利用する。この組み合わせで、プライベートクラウドのような安心感を安価に提供する「仮想プライベートクラウド」を提供し、中堅・中小企業が求める、安心感と低コストの両立を実現してくれる。

仮想プライベート型クラウド概念図

仮想プライベート型クラウドの概念図だ。利用企業の社内LANとbit-driveのデータセンター内クラウド環境を、VPNで接続することで実現している。 これにより、イントラネット内でクラウドサービスを利用することが可能となり、手元にある安心感とクラウドサービスの利便性を両立させている。

左のイラストでは、上段の雲のイラストがbit-driveクラウドを示す。VPNを介してイラスト下部にあるのが、利用している企業となる。

TCO削減・セキュリティ強化・リモートアクセスなど多彩な課題に対応

 ITの専門家が不足しているという問題にも「マネージドイントラネット」が対応する。「業務に支障が出る原因が自社で運用管理しているサーバにあるのはわかっていながら、対応できる人員がいないために足踏みしていたというお客様もいます。また、兼務の担当者がサーバの運用管理に時間をとられすぎて、本来の業務に注力できずにいたというケースもあります。マネージドイントラネットは、そうした問題を解決します」と菅原氏。

 サーバ管理に割かれていた人的リソースが削減され、電気代等も含めたTCOの削減が実現できる。それにより、情報システム担当者として本来はもっと注力したかった業務、例えば会社競争力強化に繋がるシステム開発、ソフト開発への注力もできるだろう。

 また、豊富なアプリケーションが活用できることは、特筆すべきポイントだ。例えば マネージドイントラネットには、基本となるメールサーバ、ウェブサーバ等が利用可能となっており、オプションでも豊富なアプリケーションが用意されている。メールアーカイブやウィルスチェック、コンテンツフィルタリングといったセキュリティを強化してくれるものや、IT資産管理などもある。ソフトウェアを調達・構築で頭を悩ませる必要がないのは、中堅・中小企業にとって大きなメリットだ。

マネージドイントラネットが、IT基盤野課題を解決する
マネージドイントラネットが、IT基盤野課題を解決する
※クリックすると拡大画像が見られます

 このほかグループウェア、リモートアクセス、基幹業務パッケージなど一般的な業務に必要なアプリケーションは幅広く用意されている。企業によっては、プライバシーマークを取得しているにもかかわらず、十分なシステムセキュリティを確保できていないケースがあるかも知れない。こうした場合の改善や、パンデミック対策など、幅広く役立てることが可能だろう。

社内システムを一覧化するマネジメントツールと充実のヘルプデスク

左寄せの画像
ソニービジネスソリューション営業・マーケティング部門 bit-drive営業部 営業2課
林洋介氏

 導入した企業の満足度も非常に高いようだ。クラウドだけでなく、接続のためのインターネット接続サービスも「bit-drive」で提供されている快適さも手伝い、「まるでITインフラの運用を任せられる優秀な部下が増えたようだ」とも評されるという。

 bit-driveの営業、林洋介氏は、「bit-driveの場合はネットワークから各種アプリケーションまでをトータルで提供しているので、すべての窓口が統一されています。ワンストップで提供できるのが大きな強みです」と説明する。1企業に対して1人の営業担当者がつくことや、ヘルプデスクも迅速で的確な対応なこと、ユーザーの要望に細かく応える姿勢などが強みだという。

 実際のユーザーの声として、「コールセンターのマネージャー経験のある私は私なりの厳しい評価軸を持っているが、bit-driveのサポート体制は全ての面で高評価を与えられる」「問題発生時にできることとできないことを背景含めて明確に説明してくれる、納得度は高い」といった評価を得ることができたという。

中央寄せの画像
マネジメントツールの活用により、管理工数の削減と充実した運用管理を実現する

 「アウトソーシングしても、ある程度手元で管理したいという声が多いのですが、マネジメントツールは見やすいと好評です。わかりやすくまとまっているため、前任者からの引き継ぎにも役立ったと言われたこともあります」と林氏は語る。

 中堅・中小企業の抱える多くの問題を解決する「bit-drive」の「マネージドイントラネット」。すでに導入した企業の成功事例も、数多くある。その一部はすぐにダウンロードすることが可能だ。情報システムに悩みを抱えている企業には、ぜひ導入を検討して欲しい。

ホワイトペーパー
仮想プライベートクラウドで変える!

マネージドイントラネット
基本構成カタログ

拡張するアプリで、さらに進化するビジネス

マネージドイントラネット
アプリケーションカタログ

アトムリビンテック 事例

老舗の内装金物の企業が実現したIT統制
そのプライベートクラウドとの出会いとは?

共和 事例

仮想プライベートクラウド基盤が、
輪ゴムのトップブランドを強くする

光和コンピューター 事例

「その道のプロに任せる」
SIerが信頼したクラウドの真価

提供:ソニービジネスソリューション株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部 
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]