編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

アンチウイルスソリューションの進化

サイバー攻撃は日々高度化しており、データの安全を守るためには、防御手法も常に進化させる必要がある。中でも、今、最注目されているのがアンチウイルスの領域だ。シグネチャーマッチングによる従来のアンチウイルスソリューションでは、増加しつつあるゼロデイ攻撃やファイレス攻撃を防ぐことができない。そのためAIや機械学習、ふるまい検知といったテクノロジーを駆使した、次世代のアンチウイルスソリューション(NGAV)が必要となっているのである。

従来型アンチウィルスソリューション VS 次世代アンチウイルスソリューション

違いを確認

従来型アンチウィルス
ソリューション

従来のアンチウイルスソリューションは、既知のマルウェア情報を元にしたシグネチャファイルとのマッチングにより侵入を防ぐため、未知のマルウェアや非マルウェアによる攻撃を検知することができない。

次世代アンチウイルス
ソリューション(NGAV)

AIや機械学習を活用した、ふるまい検知などの機能により、既知のマルウェアもちろん、未知のマルウェアや非マルウェア(ファイルレス攻撃)なども防御することが可能。

エンタープライズからSMBまで
幅広く対応するNGAVの最右翼
CROWDSTRIKE FALCON PREVENT

現在、さまざまなNGAV製品が市場に投入されている。しかしNGAVとは明確な機能的定義があるわけではないため、各製品毎に出来ることは一律ではない。
そうした中で、高い防御力だけでなく、大規模から中・小規模まで幅広く対応が可能ということで注目が高まっているのがCROWDSTRIKE FALCON PREVENTだ。

CROWDSTRIKE FALCON PREVENT"3つ"の特長 

  • 01

    未知の脅威へも対抗する高い防御力

    Falcon PreventではAIや機械学習といった技術を活用した”ふるまい検知”の実装により、ゼロデイ攻撃やファイルレス攻撃のような従来対抗しえなかった攻撃にも対応。セキュリティを飛躍的に向上させることができる。

  • 02

    クラウドネイティブならではの高い運用性とコスト効果

    Falcon Preventはクラウドで提供されるソリューションのため、セキュリティ運用の工数を減らすことができ、セキュリティ人材の不足が課題となっている企業でも高いセキュリティ対策を実現することが可能。またセキュリティ運用に関わるTCOを最適化することができる。

  • 03

    最新の脅威への迅速な対応力

    Falcon Preventは、地域・業種を問わず世界中の多くの企業に採用されている。
    そこから集められたログをAI/機械学習により分析、さらにクラウドで共有されるため新たな脅威にたいしていち早く対抗する体制を構築することできる。

複雑で負荷の高いセキュリティ対策からの脱却

CROWDSTRIKE FALCON PREVENTが選ばれる理由をユーザー事例で紹介する。

  • 6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

    ユーザー事例:サッポロホールディングス株式会社

    もう境界防御という水際対策だけでは十分でなく、侵入されることを前提として対策を講じるのが重要であると理解しています。
    だからこそ先を見据えてCrowdStrike Falconを導入しました。

  • フルクラウド型のアンチウイルスへの移行で低コストと高度なセキュリティを実現したアスカネット

    ユーザー事例:株式会社アスカネット

    導入の最大の効果は、より高度なセキュリティ対策を今までとほとんど変わらないコストで導入できたことですね。

提供:クラウドストライク株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年9月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]