Azure SQL Database Managed Instance 登場! 高い互換性によりオンプレミスからの移行も簡単

 Microsoft Azureには多様なデータプラットフォームが用意されている。新たに提供を開始する「Azure SQL Database Managed Instance」は、SQL Serverとのほぼ100%の互換性を確保し、オンプレミスからの移行時の手間も大幅に軽減。移行を容易にするためのAzure Database Migration Serviceも提供される。データ活用の場がクラウドにシフトしていく中で、これらを使った多様なデータプラットフォームの賢い使い分けの提案もマイクロソフトでは行っていく。

高互換性でオンプレミスからの移行を強力にサポート
 Azure SQL Database Managed Instance

 マイクロソフトのクラウドプラットフォームであるMicrosoft Azure。IaaSはもちろん、Azureでは多様なPaaSを提供している。PaaSでも数多く使われ伸び率も高いのが、Azure SQL Databaseだ。サーバを立ててそこに導入する手間もなく、バックアップや冗長化、さらにはパッチ適用なども自動化。手間なくリレーショナルデータベースを利用できる。


坂本禎尚氏
日本マイクロソフト
クラウド&ソリューション事業本部 インテリジェントクラウド統括本部 データ&クラウド技術営業部 テクノロジー ソリューション プロフェッショナル

 便利にすぐに使い始められるAzure SQL Databaseは、クラウド上で新規にシステムを構築する際のデータベースとして極めて便利だ。その一方で、これまではオンプレミスのMicrosoft SQL Serverをマイグレーションしようとした際、場合によっては既存アプリケーションの修正、データベース側での設計変更が必要になることもあった。

 たとえばオンプレミスのサーバーに導入したSQL Serverであれば、1つのインスタンスで複数のデータベースを動かし利用することが良くある。その際にデータベースをまたがったクエリをかけるのも普通。ところがAzure SQL Databaseはデータベース単位での利用となるので、複数データベースをまたがるクエリは上手くいかなかった。ここでのまたがるクエリはエラスティック クエリとは異なるクエリをさす。また、Azure Virtual Networkを使って仮想ネットワーク構成の中でデータベースを利用したい場合にも、Azure SQL Databaseは完全対応していない。

 そこでこれらの課題を解決するために新たに提供するのが、Azure SQL Database Managed Instanceだ。

 「SQL Database Managed Instanceは、Azure上でMicrosoft SQL Serverをインスタンス単位で貸し出すものです。SQL Serverの全ての機能をAzureで利用でき、その上でPaaSの良さも享受できます」と言うのは、日本マイクロソフト クラウド&ソリューション事業本部 インテリジェントクラウド統括本部 データ&クラウド技術営業部テクノロジー ソリューション プロフェッショナルの坂本禎尚氏だ。

このあとのダイジェスト

かなり高い要望があった--実現した「SQL Serverとほぼ100%互換のPaaS」
目指したのは既存アプリケーションの改修ゼロでのクラウド化!
「ほぼ完全互換で使えます」
ワンストップでデータベース移行をサポートするAzure Database Migration Service
スキーマとデータを簡単に移行!操作のほとんどはGUIで可能
事前のアセスメントも利用可能、より万全な移行を提供
多様なデータプラットフォームを用意、「データの多様性」に万全の体制で対応
各データプラットフォームの特徴を見極め、適宜使い分けることで  Azureデータプラットフォームの「使いこなし」が実現する!

ぜひPDF版をダウンロードのうえ、本コンテンツの全文をお読みください!

提供:日本マイクロソフト株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年6月30日