編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バーチャルプライベートクラウド「IQcloud」が好調のGMOクラウド エンタープライズクラウド市場で成功した要因とは?

GMOクラウドがエンタープライズ市場向けに開発したバーチャルプライベートクラウドサービス「IQcloud」は、従来のプライベートクラウドのデメリットを軽減し、パブリッククラウド並みの手軽さで利用できる新しいクラウドサービスとして注目されている。

バーチャルプライベートクラウドサービス「IQcloud」が絶好調

 GMOグループの中核企業で、国内最大級のホスティングサービスと、国内第2位のSSL(Secure Socket Layer)ブランド「GlobalSign」で知られるGMOクラウドは、LMB(大企模・中堅企業)のエンタープライズ市場にも積極的に拡販していくため、2011年4月よりエンタープライズクラウドの新たな提供形態としてバーチャルプライベートクラウドサービス「IQcloud」(アイキュークラウド)の提供を開始した。

 サービス開始後まだ間もないが、IQcloudの引き合いは非常に好調で、クラウドのシステムリソースは頻繁に拡張を繰り返している状況だという。

エンタープライズ企業を十分満足させるための差別化ポイントとは

 ところで、このバーチャルプライベートクラウドとはいったい何か。一般にパブリッククラウドは安価にシステムを利用できる半面、マルチテナント型で同一のハイパーバイザー上に複数企業の仮想マシンが収容されるため、ピーク時のパフォーマンス低下やセキュリティリスクに不安が残る。

 一方、プライベートクラウドは自社データセンターのようにパフォーマンスやセキュリティは担保されているものの、大規模なシステム向けに設計されているためコスト負担が大きく、クラウドインフラの運用・監視にも一定のスキルと人材が必要となる。

 そこでIQcloudは、そうした敷居の高いプライベートクラウドの利便性をより気軽に利用できるよう、システムのコア部分は占有的に利用してパフォーマンスとセキュリティを確保し、コア以外は共有させてコストの低減を実現させた。

 だが、IQcloudはプライベートクラウド市場では後発のため、GMOクラウドはエンタープライズ企業を十分満足させるある驚きの差別化ポイントをサービスに組み込んでいた。

 また、それを実現するために選ばれたシステムも、クラウド時代の理想を実現するために誕生した注目すべきソリューションだった。

 事実、GMOクラウドは動画配信会社や医療機関、官公庁などにクラウドソリューションを提供し、多くのエンタープライズ企業のクラウドパートナーとして選ばれている。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2011年9月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]