編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

“インテリジェントなストレージ”は企業のデジタル変革をどう支えるのか?
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来

AI/IoTの時代を迎え、さらに爆発的に増え続けるデータにいかに対処し、ビジネス上の価値あるインサイトを引き出すか──この取り組みを成功させるためには“インテリジェンスを備えたストレージ”が不可欠です。AIや機械学習、ビッグデータ、そしてクラウドなど、先進技術を意欲的に取り込みながら進化を続けるHPEのインテリジェントストレージが企業のデジタル変革をどう支援するのかを、米国HPEのアイヴァン・イアンコネン氏と日本ヒューレット・パッカードの川端真氏が解説します。

HPEのインテリジェントストレージがデータの価値を最大化する

米国HPE 3PAR Vice President & General Managerのアイヴァン・イアンコネン氏
米国HPE 3PAR Vice President & General Managerのアイヴァン・イアンコネン氏

 皆さんは今日、身の周りのさまざまな領域でデジタル変革が起きていることを日々、実感されているでしょう。そこではさまざまなテクノロジーが使われていますが、常にそれらの中心に位置しているのは「データ」です。デジタル変革の本質とは、さまざまなデータからビジネスの変革に必要なインサイトを得ることにほかなりません。

 そのインサイトに基づいて適切なアクションを起こすことにより、企業はビジネスのさまざまな側面を改善していくわけですが、これは簡単なことではありません。データからインサイトを得るための高度なアナリティクスのスキルを有する人材はまだ少数ですし、データの価値を生かすために新たなビジネスモデルを構築する必要もあります。

 さらに現実として、私たちの目前には膨大な量のデータが存在します。昨今、ネットワークの最前線に当たるエッジ領域ではセンサーや各種デバイスによって大量のデータが生み出されており、それらをクラウドやコアのデータセンターも駆使して巧みに処理していかなければ、ビジネスを変革できるようなインサイトは得られません。

 つまり、私たちは従来のアプローチを変えなければ、ネットワークの各所で生まれるデータを全体としてうまく扱っていくことができなくなっており、そこでは“インテリジェンス”が必要とされています。

本記事は、PDF版で全文をお読み頂けます

この後のダイジェスト

  • AI活用-driven──自己管理、自己修復、自己最適化の能力を備えたストレージ
  • クラウド活用Built for Cloud──クラウドを前提に進化するストレージ
  • サービス活用As-a-Service Experience──サービスとして利用できるストレージ
  • HPEのインテリジェントストレージはデジタル変革をどう支えるのか?
  • 多様なストレージ製品で企業のクラウド活用を全面サポート
  • HPEだから、末永く安心して使える──ストレージ製品の長期利用を保証
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]