編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Kubernetesが、あらゆるインフラ環境で
システム安定性とビジネス継続性を高める
IDCFクラウドコンテナで開始できる
インフラ運用の高度な自動化

ビジネスのデジタル変革には、これまで以上にITインフラの柔軟性と安定性が必要になる。しかし、クラウドサービスの停止が、すぐにニュースになる時代。ひとたびITシステムが不安定になれば、日々のビジネスにも影響を与える。現実のインフラ運用は、これまでの資産が複雑に絡み合い、縁の下の力持ちとなるインフラエンジニアの活躍で維持されているのが現状だ。

こうした現状と解決策を明らかにするため、最先端のITインフラとクラウドサービスを提供するIDCフロンティアのエキスパートにインタビューした。

IDCフロンティア 
開発部 部長
浅沼 敬氏
IDCフロンティア
開発部 部長
浅沼 敬
IDCフロンティア 
事業推進部
藤城 拓哉氏
IDCフロンティア
事業推進部
藤城 拓哉

システム基盤の現状を整理すると共に、コンテナ化とその自動運用を実現するKubernetesについて、導入する上で解決すべきポイントと、コンテナ管理ツールSUSE Rancherの有効性、コンテナ化を始めるための具体的なノウハウなどを語ってもらった。

この記事が役に立つのは、一般企業の情報システム部門や、Webサービス企業のインフラ担当部門、システム開発会社のインフラ構築・アーキテクト部門などの人たちだ。

システムの安定性とビジネスの継続性を高める重要なヒントになるだろう。

コンテナによる仮想化は、一部の導入に留まる

ー 本日はよろしくお願いいたします。まずは、簡単な自己紹介をお願いします

浅沼「開発部 部長の浅沼です。IDCFクラウドコンテナというマネージドKubernetesサービスの開発責任者です。このサービスの企画から開発・リリース、リリース後のサービス運用まで全部やっています」

藤城「事業推進部の藤城です。浅沼とチームで、IDCFクラウドコンテナの企画をやっています」

ー ここ数年、DockerやKubernetesなどのコンテナ技術に注目が集まっていますが、実際にお客様と対面していて、現状はどうなっていると感じていますか

提供:株式会社IDCフロンティア
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年4月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]