編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
2021年6月~予約受付スタート

「Lenovoハイブリッドクラウド検証センター」開設! エッジからオンプレミス、マルチクラウドにわたるインフラ基盤を無償で検証可能!
(1カ月単位)

デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しようとしても、なかなか思うように勧められない--その理由の一つに、DX実現に必要なインフラ基盤のテスト・検証環境を構築するだけでも、大きな投資が必要になることが挙げられる。この課題を解決するのが、エッジからオンプレミス、マルチクラウドまで高度に統合されたインフラ基盤を無償で体験できる「Lenovoハイブリッドクラウド検証センター」だ。

エッジ、ハイブリッド/マルチクラウドにわたる
仮想インフラ基盤を無償で検証可能

 DXを促進するためには、ハイブリッドクラウド環境の構築が不可欠といってよいだろう。そこでレノボでは、ハイブリッドクラウド導入に対するハードルを下げるために必要なシステムやサービスの検討ができる「Lenovoハイブリッドクラウド検証センター」(以下、検証センター)を開設した。

 この検証センターは、ヴイエムウェアが提供する仮想マシン管理とコンテナ活用のためのプラットフォーム「VMware Cloud Foundation」(VCF)に対応。VCFは、コンピューティングの仮想化(VMware vSphere)、ストレージの仮想化(VMware vSAN)、ネットワークの仮想化(VMware NSX)、クラウド管理(VMware vRealize)を単一のプラットフォームにまとめたもの。ハイパーコンバージド・ソリューション(HCI)を提供するLenovo ThinkAgile VXシリーズとの組み合わせにより、顧客企業はエッジ、データセンター、パブリッククラウド間をシームレスに統合管理ができる。

 将来的には、パブリッククラウド環境はMicrosoft Azure、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)、IBM Cloudなどを選択することができる予定で、オンプレミスや各種パブリッククラウドなどさまざまな場所でKubernetes環境構築を可能とする「VMware Tanzu Kubernetes Grid」によるコンテナ化へのスムーズな移行にも対応していく計画だ。

エッジ、プライベートクラウド、パブリッククラウドにわたるインフラ基盤を検証可能
エッジ、プライベートクラウド、パブリッククラウドにわたるインフラ基盤を検証可能
こちらの続きはPDFでご覧いただけます

PDFをダウンロードする

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ合同会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2021年9月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]