編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

基幹システムとの連携で大きな相乗効果!「Microsoft Power Platform」で実践する
現場主導のデジタル変革

【講演者】
アバナード Business Development 三苫周平氏
日本マイクロソフト パートナー事業本部 パートナーマーケティング戦略本部 福島由起氏
多くの企業がデジタルを活用した業務効率化や業務変革への注力を強める今日、「ITを使って業務をもっと効率化したいが、そのために基幹システムを改修したり、SIerに頼んで新しいアプリケーションを作ったりしている余裕はない」といった悩みが各方面から聞かれます。そんな企業に現場主導で使っていただきたいローコードソリューションが「Microsoft Power Platform」です。現場が求めるアプリケーションをほぼコーディングレスでクイックに作り、スピーディに業務効率化を進められます。基幹システムと連携させて使うことで、活用効果はさらに高まります。

デジタル改革に不可欠なローコード&ノーコードによるアプリケーション開発

 新型コロナウイルスの流行は、日本企業におけるデジタル変革(DX)を一気に加速させました。日本企業におけるDXの進展は他国と比べて遅れていると指摘されてきましたが、見方を変えればまだ多くの伸び代があるということです。今回のコロナショックで企業における働き方もデジタル化が大きく進み、リモートワークの普及やコミュニケーションスタイルの変化など、いわゆる“ニューノーマルな働き方”への移行が起きています。この移行を強力に推進していくうえで必要なテクノロジーとは何でしょうか?

 その1つとして現在、急速に普及が進んでいるのがローコードやノーコードで素早くアプリケーションを作ることができるモデル駆動型のアプリケーションプラットフォームです。この領域はコロナショック以前から大きな成長を続けていましたが、企業がニューノーマル社会でDXを推進していくうえで必須のテクノロジーであり、今後はさらに広く普及していくと見られます。

ローコード&ノーコードのアプリケーション開発が必要とされる理由

 ところで今日、なぜローコードやノーコードのアプリケーション開発が求められているのでしょうか。これまで、多くの企業ではSIerなどに依頼し、業務要件に基づいてゼロからスクラッチで業務アプリケーションを開発してもらってきました。このスタイルのアプリケーション開発に多くの企業が感じている不満としては、次が挙げられます。

  • 改修などを同じSIerに頼み続けなくてはならず、しかも意外とコストが高い…
  • 初めに要件を固めなければ開発に取りかかれないが、そもそもビジネス環境の変化が激しい今日、要件を固めるのが難しい…

 そのため、今後はこうした開発を減らし、実際に動かして試せるアプリケーションをクイックに作り、それを現場の方々に使ってもらいニーズを適宜取り入れながらスピーディに改善し、業務も効率化していきたいと考える方は多いでしょう。

 昨今、特にこうしたニーズが大きいと思われる領域の1つが、企業の基幹システムです。実際、「会社の基幹システムが使いづらく、業務生産性が上がらない」という現場の声はよく聞かれます。

 その一方、経営層からは「業務に合わなくなった基幹システムを現場のニーズに合わせて細かく改修したいが、それには多くのコストがかかる。それにビジネスも技術も移り変わりが激しい今日、改修してもすぐに陳腐化してしまい、投資を回収できないのではないかと不安で踏み切れない」といった悩みが聞こえてきます。

 ここに、1つのニーズが浮かび上がります。それは「基幹システムそのものは変えずに現場が使いやすくし、業務を効率化する方法はないか?」というものです。まさにこのニーズに応えるものが、マイクロソフトが提供する統合型ローコードプラットフォーム製品「Microsoft Power Platform」にほかなりません。基幹システムとの連携が容易なPower PlatformをiPaaS(Integration Platform as a Service)として活用することにより、基幹システムに蓄積されたデータを現場のさまざまな用途でスピーディに活用していくことが可能となるのです。

こちらの記事の続きはPDFでご覧いただけます

PDFをダウンロードする

提供:日本マイクロソフト株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2021年6月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]