編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

なぜITインフラに
仮想化基盤「Nutanix HCI」が選ばれるのか?

物理サーバーを集約できる仮想化環境はIT部門にメリットをもたらした。しかし、仮想化環境の運用管理は何かと煩わしい。物理サーバーや仮想サーバー、ストレージ、ネットワークなどさまざまな管理コンソールを見る必要がある。さらに問題なのは、障害が発生したときだ。どこが障害の原因となっているのか、切り分けるのに一苦労だ。

こうした状況を解決するものとして活用されているのが「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー」(HCI)だ。HCIを導入すれば、見るべき管理コンソールの数を大幅に減らすことができ、障害が起きた時にも、原因の切り分けも容易になる。

創業10年あまりでありながら、HCI市場を席巻する「Nutanix」は、官公庁、公社、団体、民間企業問わず、さまざまな業種で採用されている。

なぜ、Nutanix HCIが選ばれるのか? そのNutanix HCIの特長や利用者の声を国内認定ディストリビューターのネットワールドがオリジナルコンテンツを提供する。

提供:株式会社ネットワールド
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2022年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]