編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2つの意味を込めた「VAP」への取り組み
そのポイントは「可視化」~プルーフポイント

マルウェア感染など、企業に打撃を与えるサイバー攻撃の約9割が、メールを経由として行われている。また、マルウェアだけでなく受信者のミスリードを誘い送金させる「BEC」のようなスピアフィッシングも急増している。こうした状況に対し、長年メールセキュリティに取り組んでいるプルーフポイントのマーク氏は「メールの不審な点を可視化することがポイント」と話す。今回はメール対策を中心に、企業のセキュリティ対策について、プルーフポイントにお話をうかがった。

米Proofpoint社のマーク・ガントリップ氏
米Proofpoint社のマーク・ガントリップ氏

サイバー攻撃の9割がメールを介して行われる

 メールを介したサイバー攻撃が増加している。「ここ一年ほどで、メールによる脅威が増大し、しかも幅が広がっています」と話すのは、米Proofpoint社でプロダクトマーケティングのディレクターを務めるマーク・ガントリップ氏。ベライゾン社のレポートによると、脅威の90%がメールを介して行われる。また、ランサムウェアなどのマルウェアが送られてくるケースは依然として多いが、サイバー攻撃者は徐々にマルウェアを使用しない手法を増やしているという。

 「サンドボックスなどの対策が進んだことで、サイバー攻撃者はメールを受信する人の脆弱性を狙うようになってきています。フィッシングによって偽のサイトに誘導し、アカウント情報を盗むケースはこれまでもありましたが、CEOやCIO、あるいは実在する取引先などからのメールを装い、不正に送金させられるBEC(Business Email Compromise:ビジネスメール詐欺)の手法が拡大しています。もちろん、マルウェアメールも進化していますので、対策の網をかいくぐってきます」(マーク氏)

こちらの続きはPDFにてご覧いただけます
提供:日本プルーフポイント株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2019年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]