編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

高度なアナリティクス&AIをOSS(オープンソースソフトウェア)の汎用言語でAIプラットフォーム「SAS Viya」のオープン性がもたらすレバレッジ

統計解析言語の「R」や「Python」といった、オープンソースソフトウェア(OSS)による予測モデルの開発も可能にしたオープンAIプラットフォーム「SAS Viya」。SAS製品によるOSSサポートがどのようなメリットを企業にもたらすのか──。SAS Institute Japan ソリューション統括本部 プラットフォームソリューション統括部 IoT & Advanced Analyticsグループグループマネージャーの松園 和久氏に聞く。

予測モデル開発と
ビジネスの知見を活かす

── SASでは、データ分析用の開発言語として独自の言語を長く提供してきたと記憶しています。そのなかで、「SAS Viya」では、「オープンAIプラットフォーム」と銘を打ち、オープンソースソフトウェア(OSS)の開発言語をサポートしました。その理由について、まずはお聞かせください。

SAS Institute Japan
ソリューション統括本部 プラットフォームソリューション統括部 IoT & Advanced Analyticsグループ グループ マネージャー 松園 和久氏
SAS Institute Japan
ソリューション統括本部
プラットフォームソリューション統括部
IoT & Advanced Analyticsグループ
グループマネージャー
松園 和久氏

松園氏(以下、敬称略):理由の一つは、さまざまな開発者の方に、「R」や「Python」といった技術スキルをこれまで通り活かしながら、アナリティクスの効用を企業内の多くの人や部署に波及してもらえるようにするためです。これにより、開発者、ビジネスに精通したアナリスト(ビジネスアナリスト)、そして経営者の方が、それぞれのスキルセット、知見を集結し、活かせる環境を実現することにあります。

── それはどういうことですか?

松園:たとえば、データ分析を行うための言語として、OSSの統計解析言語「R」が比較的広く使われていますが、「R」を駆使してデータ分析を行うのは決して簡単なことではなく、少なからず、プログラミング技術を有した人でなければ「R」言語を習得、使いこなすのは困難と言えます。

 一方で、経営課題やビジネス課題を解決するために、どういったデータを使用し、どういった切り口で分析すべきか、あるいは、どう可視化すべきかの知見や考えを持っているのは、ビジネスの現場で働く方や経営者の方で、こういった方々は必ずしも「R」言語に精通した予測モデル開発者ではないことが一般的でしょう。

 もちろん、昨今のトレンドの中でOSSを駆使してデータ分析ができる方が企業の中に少しずつ現れ始めているのも明らかな事実です。

 ただ、順番的に重視すべきは、ビジネス上の課題の解決であり、「R」言語のプログラマーを養成することではないはずです。

 こういった現状を鑑み、予測モデルの開発者、ビジネスアナリスト、経営者といった、スキルレベルの異なる方が、自身が持っている特性を活かす。その一方で分析スキルの高い方が持っているナレッジを、企業内で共有、活用できるようする。そして、プログラミングスキルが乏しい人にも、データドリブン型の意思決定を支援するための、AIプラットフォームとして、SAS Viyaは幅広くサポートができると考えます。

すべてをオープンにつなぐ

── SAS Viyaによって、どのようなAIプラットフォームが実現されるのでしょうか。もう少し具体的にお聞かせください。

こちらの続きはPDFにてご覧いただけます
イベント

2018年11月20日(火)開催
そのデータ、IoT/AIに活用できていますか?~IoT/AIを活用するための『データマネージメント』と『モデルマネージメント』~

インフォメーション
sasviya

SAS Viyaは、SAS Platformの機能性を拡張することで、データ・サイエンティストからビジネス・アナリスト、アプリケーション開発者、経営幹部まで、あらゆる人々がコラボレーションし、より迅速に革新的な結果を生み出します。

iOT

モノのインターネット(Internet of Things: IoT)とは、産業機械からウェアラブル・デバイスまで私たちの日常を構成している「モノ」が相互接続するネットワーク上で、「モノ」に搭載された内蔵センサーからデータを収集し、そのデータにもとづき必要なアクションを実行する、という概念です。

提供:SAS Institute Japan株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]