『DHCPサーバー』って「おまけ」だと思っていませんか?

LAN内の機器にIPアドレスを自動的に割り振るDHCPサーバー。

 Windowsサーバーやルーターに「おまけ」的に付いている機能で済まされてしまうことの多く、また、一度設定してしまえばあまり変更することもないDHCPサーバー。IT管理者ですらその存在を忘れてしまいがちです。

 しかし、IP電話やモバイル機器など、IP機器が増え続ける今日、DHCPサーバーの負荷は増し、その重要性も高まる一方です。安定したネットワークを維持するために、DHCPサーバーの見直しをしてみませんか?

イメージ

 LAN内の機器に動的にIPアドレスを割り振る仕組み、DHCP。

 ひとむかし前までは、オフィスで使うPCは固定IPアドレスで運用されるのが普通でした。しかし現在では、ノート型PCへの移行や、業務用モバイル機器の普及など、ネットワークのフレキシビリティが求められる中で、DHCPによるIPアドレスの自動割り振りが当たり前になってきました。企業のネットワークインフラにおいてDHCPサーバーは今や欠かせない存在です。

 ところが、DHCPサーバーは設定が比較的簡単で、一度設定したら変更することがほとんどないため、「忘れられた存在」になっています。

 実際、突然LANでネットワーク接続ができなくなったときに、ルーターやハブなどのネットワーク機器が原因と推測する人は多いでしょうが、即座にDHCPの障害にまで思い至る人は少ないでしょう。

 しかし、DHCPサーバーは、IPアドレスという、ネットワーク通信の根幹を司っているわけですから、電気・ガス・水道などのインフラと同様に、ネットワークのインフラの重要パーツとして、しっかりとした管理が大切です。

IP機器の増加で、「おまけ機能」のDHCPサーバーでは負担が重いかも

イメージ

 ネットワークインフラとして重要な存在ながら、あまり重要視されてこなかったDHCPサーバー。導入の容易さからWindowsサーバーやルーターに「おまけ機能」的に付いているDHCPサーバー機能を使われている企業も少なくありません。

 しかし近年、IP機器が爆発的に増え、その負荷が増しつつあります。例えばIP電話のIPアドレス割り振りにDHCPを使うと、当然ですが電話の台数分だけ割当の負荷が増えるということになります。

 実際、多数あるIP電話機器のアドレスリースのタイミングが集中して、アドレス割当にサーバーのリソースが取られてしまい、サーバーが本来提供しなければならなかった重要なサービスの品質低下を招いてしまった、ということも起きています。

 また、「おまけ機能」によるDHCPサーバーは、冗長化までは考えられていないこともあります。もし、サーバーやルーターが故障した場合、その機器がネットワーク接続に直接影響がなくても、DHCP機能の停止によって支障をきたす、ということもありえます。

 「DHCPサーバーが止まったから電話にでられない」とか「メールができない」という事態は、事業に大きな影響を与えかねません。そのような重要なインフラが「おまけ」で運用されていては、あまりにも心もとないのではないでしょうか。

『DHCPアプライアンス』で安定したDHCP環境を

 そこで、安定したDHCP環境を持つネットワーク構築に役立つのが、「DHCPアプライアンス」。DHCP機能に特化したサーバーアプライアンスです。

 DHCPを「おまけ機能」ではなく、「主機能」として装備していますから、パフォーマンスや、安定性は「おまけサーバー」とは比較にはなりません。管理機能や、セキュリティ機能も充実しており、保守やサポート、時流に沿った機能追加も行われます。

 また、冗長化やリカバリ機能、分散配置したDHCPアプライアンスを統合管理する機能もあるので、管理者の負担を軽減しながら、高い信頼性をもってDHCPの運用を行うことができるのが、DHCPアプライアンスのメリットです。

安全・確実なDHCPを適正価格で提供する『NetAttest D3』

イメージ

 ソリトンシステムズの『NetAttest D3』(以下:D3)は、高機能・高性能とお求めになりやすい価格を両立した国産のDHCPアプライアンスです。

 日本語のドキュメントとGUIでスムーズに使い始めることができます。基本的なDHCP機能はもちろんのこと、運用・管理機能も充実しており管理者の日々の負担を軽減します。

 最大4台までの多重化に加えて、25システムまでの分散配置、統合管理が可能。障害復旧を迅速に行えるバックアップやリストア機能とあわせて、高い可用性や効率的な運用が求められる多くの企業に最適な製品です。

 このような高機能を持ちながら、2,500クライアント対応で45万円(税別)。

 最近IP機器が増えた、とか、より安定したネットワーク運用を行いたいと考えているネットワーク管理者の皆さん、まずは、『NetAttest D3』でDHCPサーバーの見直しをしてみませんか?

ZDNet Japanクイックポール

今回の記事を読んだ感想を教えてください

提供:株式会社ソリトンシステムズ
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年8月31日