編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

AWSを活用したオンプレミス環境の
データ保護や事業継続。その実現を
サポートするVeeamの凄みを解剖する

 2006年に創業。バックアップ&リカバリソフトウェア市場で欧州ナンバーワン、全世界3位のシェアを誇るのがVeeamである。アマゾン ウェブ サービス(AWS)に代表されるクラウドサービスの利用が高まるにつれて、クラウドを含めた最適なデータ保護や事業継続の解を求めて多くの企業がVeeamのソフトウェアを採用している。

 デジタルトランスフォーメーションにより事業のデジタル化がさらに進んでいく中、新型コロナウイルス感染症がニューノーマルと呼ばれる新たな環境の変化を引き起こしている。そこで確実に重要になるのが、基盤としてのクラウドだろう。企業がクラウドを活用する機会は今後もさらに進むと考えられるし、その中で企業がビジネスを止めることなく、競争力をどう高めていくかが、今はより大きな課題になっている。

 この課題への解決策を、AWSで高める事業継続性という観点で、ヴィーム・ソフトウェアのシニア・システム・エンジニア、斉藤乾氏に聞いた。

ダウンロードして続きを読む
提供:ヴィーム・ソフトウェア株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2020年12月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]