編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
ZDNet Japan セキュリティセミナー2014 冬

ZDNet Japan セキュリティセミナー2014  冬
脅威の本質を再確認し、対策の現実解を考える

開催日時:2014年2月19日(水)会場:ベルサール神保町定員:150名

リスクの把握なくして対策なし--いま存在する脅威を再認識する

 依然としてなくならないサイバー攻撃による被害。企業も国も専門家も、対策は可能な限り行っているはず。しかし現実は、「より攻撃者側の戦略がシャープになっている。攻撃者は、常に一歩先を行くことが可能だ」とも指摘されます。攻撃手法はより洗練され、被害者(ターゲット)も、「面から点」へと、細分化の傾向をより強めています。こうしたリスクから、どのようにビジネスや情報を守ればいいのか。

 本セミナーでは、リスクの「現在」を詳細に伝え、なぜ対策が難しいのかなどを総合的に考察。そのうえで、現実的なリスク最小化への道筋、コストとの均衡点をどう考えればいいのか提言。来場者に対し、あるべきセキュリティ対策のあり方を探るヒントを提示します。

開催概要

名称
ZDNet Japan セキュリティセミナー2014  冬
開催日時
2014年2月19日(水)  12:30開場  13:00開演
場所
ベルサール神保町 [会場について]
参加費
無料(事前登録制)
定員
150人
対象
ユーザー企業の経営者、CIO(最高情報責任者)、情報システム部門、経営企画部門、事業(ビジネス)部門の皆さま。
(※本セミナーはユーザー企業様を対象としております。ユーザー企業のご参加を優先するため、ITベンダー様およびシステム開発事業者様のご応募をお断りする場合があります)

本セミナーは、受付を終了させていただきました。

セッション一覧

12:30 開場
13:00
|
13:05
ご挨拶
開会挨拶

怒賀 新也

朝日インタラクティブ株式会社 ZDNet Japan編集長

13:05
|
13:55
基調講演
標的型メール攻撃の脅威と、対策の設計・運用
本講演では、IPAが把握している攻撃の実例をベースに、特に標的型メール攻撃について深く掘り下げます。対策の設計・運用について、現実的なアドバイスを行います。

大森 雅司氏
技術本部 セキュリティセンター情報セキュリティ技術ラボラトリー 研究員

IPA/独立行政法人 情報処理推進機構

[プロフィール]
14:00
|
14:40
講演
ハッカーからの通信を完全に遮断できれば対策は一変する--新テクノロジーをデモ公開
ジュニパーネットワークスでは、業界に先駆けて、ハッカーの検知・追跡・プロファイリング・阻止をリアルタイムに実行し、ハッカーの情報を電子指紋としてクラウドで共有し、その後のハッカーからの通信を完全に遮断するシステムを開発、市場投入しました。
本セッションではこの画期的なセキュリティシステムについてデモを交えながら、わかりやすく解説するとともにサイバー攻撃が高度化するなか、今まで以上に重要性が高まったWebベースシステムによるセキュリティ強化のヒントを提示します。

森本 昌夫氏
セキュリティソリューションズ 統括部長

ジュニパーネットワークス株式会社

[プロフィール]
14:50
|
15:30
講演
Sandboxに耐性を持つ攻撃に、対処は可能か?進化する攻撃者と戦う方法
標的型攻撃による被害が急増する中、新たな対策技術として考案された、仮想環境上で検査対象を実行して挙動を解析するSandbox技術。しかし最近の調査では、Sandboxが存在することを前提にした攻撃が確認されており、仮想環境内での検知を回避しつつ標的に感染する攻撃手法として広がりつつあります。本セッションでは、Sandboxへの耐性を持つ攻撃にどう対処すればいいのか、その具体例を紹介。今後企業を守るために必要なセキュリティ対策のあり方を、改めて問いかけます。

花壇 明伸氏
シニア・システムズ・エンジニア

ファイア・アイ株式会社

15:35
|
16:15
講演
リスクの「完璧な排除」はもう難しい--情報が漏えいする前に、内外の脅威を適切に把握せよ
企業が深刻なダメージを被る情報漏洩を防ぐため、インターネットの閲覧監視やデータアクセスへの制限などを、システムで行うようになりました。しかし制限の幅に柔軟性がなければ、生産性は大きく影響されます。そのように制限を強めたとしても、リスクを100%排除することは可能でしょうか?アセスメントからリスクマネージメントへの移行を支援するバーダシスでは、ツールを最大限活用しながら、安全にデータを使えるソリューションを紹介。競争力を高めるために、単に操作ログを溜め込むだけでなく、適切なリスクを取って企業データを活用しませんか?

大橋 裕司氏
代表取締役社長

バーダシス株式会社

16:20
|
17:10
特別講演
サイバーセキュリティ 今やるべき対策
2012年から引き続き、2013年も標的型攻撃というキーワードが世間をにぎわせているなかで、水飲み場型攻撃という手法も注目を集めました。それに伴い、ウェブ改ざん事件、高度なウイルスの感染事件、会員制ウェブサイトに対する大量の不正アクセス事件、大規模なDDoS事件が続きました。2013年に発生したセキュリティインシデントの傾向を改めて整理し、今やるべき対策について解説します。

川口 洋氏
JSOC チーフエバンジェリスト

株式会社ラック

[プロフィール]

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

本セミナーは、受付を終了させていただきました。

<個人情報の取扱い>

個人情報の利用目的

・本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブよりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みをされたお客様の情報は当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業(ジュニパーネットワークス株式会社、ファイア・アイ株式会社、バーダシス株式会社)に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。お客様の個人情報はジュニパーネットワークス株式会社、ファイア・アイ株式会社、バーダシス株式会社より製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

個人情報の取扱いについて

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除ついてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者  経営管理部マネジャー

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

お問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート
メールアドレス:


このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]