ホワイトペーパー

【RPA最前線】従来OCRの課題を解決する「学習型データ抽出技術」が実現するさらなる自動化

アステリア株式会社 2019年05月14日

業務改革の画期的なソリューションとして注目されているRPA(Robotic Process Automation)。特に人海戦術によるデータエントリー業務などには、大きな効果を発揮する可能性を秘めており、既存の業務フロー内にRPAを展開したいと考えている企業は多い。

そんななか期待されているのが、紙の伝票やPDFなどの書類からデータを抽出するためのOCR技術だ。だが、画像情報から必要なデータ抽出が可能になるOCRであっても、非定型書類を大量に扱う業務にはあまり向かない。そうした課題はどう解消すればいいのか。

本資料では、RPA導入を阻む従来のデータ抽出のためのOCR技術に着目しながら、業務の効率化、自動化に向けた最適なプロセスを検討。RPA導入の理想的なシステム連携の姿や「学習型データ抽出技術」が実現するさらなる自動化のあり方を展望している。ぜひお目通しいただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]