ホワイトペーパー

コミュニケーション基盤の膨大なデータ管理をどのように支えるか?ストレージ最適化で得られるベネフィット

日本ヒューレット・パッカード株式会社 2013年04月30日

本資料は、1万8500人の社員向けコミュニケーション基盤を刷新したキヤノンマーケティングジャパンの導入事例です。

同社は圧倒的な高性能を誇る「HP 3PAR StoreServ 10000」を採用し、大規模Microsoft Exchange/Lync環境のシステム基盤を構築しました。ここで決め手となったのが
・大規模なExchange環境でも豊富な導入実績
・高水準なパフォーマンスと信頼性を両立

さらに多くのストレージ製品と異なり、3PARは独自開発のASICでハードウェア処理を行い、RAID5/6でデータを保護してもRAID 0(ストライピング)並のパフォーマンスを発揮するだけでなく、複数のコントローラをメッシュ状に接続し、分散処理によるハイパフォーマンス、優れた耐障害性を実現しています。

本資料では、キヤノンマーケティングジャパンがコミュニケーション基盤にHP 3PARを導入した結果得られた多くのベネフィットを紹介しています。詳しくはダウンロードでご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]