ホワイトペーパー

業務システムを支えるプライベートクラウド環境をデータセンターに置くべき5つの理由

ビットアイル・エクイニクス株式会社 2011年07月26日

所有から利用へ。パブリッククラウドの人気で火がついたクラウドブーム。ただし、パブリッククラウドは多くの場合がインターネット利用を前提に提供されているため、企業ユースとしてはセキュリティ面が懸念されており、非パブリックで安全なプライベートクラウドの導入が進みつつある。しかし、プライベートクラウド環境を自社で構築しようとすると、莫大なコストと労力がかかり、結果としてTCOが増大してしまうというジレンマに陥る。

 本ペーパーでは、TCO削減や事業継続性といった幅広い観点から、業務システムを支えるプライベートクラウド環境はデータセンターに置くことが最適であると主張する。企業はデータセンター事業者が提供する信頼性の高いプライベートクラウドを、サービスとして利用することがコスト最適化を図るための最短コースとなる。本ペーパーでは、企業の業務システムを支えるプライベートクラウド環境をデータセンターに置くべき「5つの理由」を解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]