編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ホワイトペーパー

RPA活用で陥りがちな“落とし穴” 導入後の「こんなはずでは」を回避する最善の方法

日本オラクル株式会社(NetSuite) 2021-02-12

多くの企業・組織が既存の業務プロセスを見直し、デジタルツールを活用して業務の効率化や生産性の向上に取り組んでいる。中でも「RPA(Robotics Process Automation)」は業務効率化の最新の切り札といえる。

これまで主に報告書の作成定型業務・単純業務に用いられてきたが、技術の進化ともに重要な業務にも適用され始めた。費用対効果が分かりやすいRPAの導入範囲は広がり、企業の依存度は高くなっている。

しかし、RPAは一度導入すればそれで終わりというわけではない。適用業務に変更が発生すれば、それに伴う改善作業も発生する。また、万一プロセスが停止すれば、その不具合の解消に要する時間やコストがかかることもある。RPA導入後に「こんなはずじゃなかった」と嘆かないために必要なこととは?

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]