編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

中小企業でも構築可能?ハイパーコンバージドインフラを自作してみた

株式会社鉄飛テクノロジー 2020-02-05

サーバやストレージなどのハードウェアと、ネットワーク仮想化ソフトウェアや統合管理ソフトウェアを組み合わせてパッケージ化した仮想化基盤「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」。要素技術の選定や組み合わせを気にすることなく、高性能で柔軟性の高いITシステムをシンプルに構築することができるため、近年急速に注目が高まっている。

しかし、初期導入時に比較的大きな予算が必要である市販のHCIは、
多くの中小企業にとってまだまだ手が届かないソリューションであるのも現実だ。

本資料は、比較的安価に入手できる1Uサーバ4台とオープンソースのストレージOSを使用して30台程度の仮想サーバを運用するHCI環境を、自社のソフトウェア開発システム向けに自前で構築した際の手順を具体的に解説したものだ。構築時の勘所や注意するポイントがサンプルスクリプトと共にまとめられているため、ハードルが高いと言われているHCIの自作に一歩近づけるかもしれない。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]