ホワイトペーパー

調査資料:テレワーク導入~その効果とクラウドサービス活用~

Sansan株式会社 2017年10月02日

テレワークを導入する企業が増えている。
多様な働き方を標準的なものにする取組みと言っていい。

これは、政府が中心となり、働き方改革運動の一環として進められ、各企業でも在宅勤務制度やリモートワーク制度、フレックス勤務の導入例が多くなってきている。
また、導入を支援するための助成金制度も整えられ、テレワークを導入しやすい外部環境ができている。

導入目的や効果の一つは、人材確保と労働生産性の向上だ。

企業にとっては、人口減少、高齢化が進む中、キャリアを重ねた人材やベテラン社員など優秀な人材を確保できる。
また、テレワーク導入企業は、未導入企業の1.6倍の労働生産性を上げている、というデータもある。

さて、テレワークでの就業を可能とするためには、全ての従業員が仕事をする上で必要な
情報へオフィスにいなくてもアクセスできる環境を整備する必要があり、ITを活用した環境構築が考えられる。具体的にはクラウドサービスだ。

本ホワイトペーパー資料では、そうしたあらゆるクラウドサービスの一つとして、
Sansan社が提供する名刺管理クラウドサービスも取り上げている。
テレワーク導入に関する数値を用いた調査データも説得力があり必見だ。

テレワーク導入を進めたい企業の担当者のみならず、ぜひ情報システム部門担当者にも
導入のためのヒントを読み取っていただければ幸いである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)