編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

マーケティング部門と営業部門が連携した「ABMの実践」で売上の最大化を

Sansan株式会社 2018-04-05

日本の企業では、マーケティング部門と営業部門との間で上手く連携が図られていないことが多く、前者が創出した見込み顧客を営業が追いかけてくれずに案件化に至らない、などの問題がしばしば生じてしまっている。それを改善するマーケティング手法がABM(Account Based Marketing:アカウント・ベースド・マーケティング)であり、今やB2Bマーケティングの世界において重要な手法とみなされ、米国では既に主流となっている。

ABMとは、定義されたターゲットアカウントにフォーカスした戦略的なマーケティングであり、全社の顧客情報を統合し、マーケティング部門と営業部門の連携によって、ターゲット企業(アカウント)からの売上を最大化することに重きを置いている。本資料では、ABMの入口に当たるリードジェネレーションにおける名刺の重要性を含めて、ABM実践のポイントについて、シンフォニーマーケティングの代表取締役である庭山一郎氏が解説している。ぜひダウンロードして、ABMの入口を見出していただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]