ホワイトペーパー

自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題

Sansan株式会社 2018年10月29日

今年6月の働き方改革関連法案の成立を受けて、日本の働き方は大きな転換点を迎え、これまで以上に多くの企業がさまざまな方法で働き方改革に取り組むことが予想される。その一方で、オフィスで働くビジネスパーソンたちは、この「働き方改革」をどのように捉えているのか、企業は把握する必要があるだろう。

そうしたなか、Sansan社では「働き方に関する意識・実態調査」を今年4月に実施しており、その結果から、日本の働き方改革の実態が浮き彫りになってきた。例えば、「働き方改革は必要」と回答したビジネスパーソンが全体の70%以上を占めた一方で、自社の働き方改革の取り組みにより業務に何らかの支障が生じているとした割合もまた47.1%にも達しており、その内容に対して不満を抱く割合も多いことが明らかとなっている。

本資料は、この踏査結果の詳細を収めるとともに、その数字を紐解きながら日本の働き方改革の現状の課題と、将来に向けて企業が取るべき施策などを示している。必見の内容と言えるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]