ホワイトペーパー

最新の標的型攻撃とは? -すぐ分かる最新型マルウェアの脅威と対策-

パロアルトネットワークス株式会社 2013年03月18日

最新の標的型攻撃は、高い価値を持つサーバやデータへ直接的な攻撃を行うのではなく、慎重に、複数のステップからなるプロセスを経る。それは「エクスプロイト」(システムの弱点を突くこと、およびそのコード)、「マルウェア」、セキュリティシステムからの「隠蔽」を組み合わせた、組織的なネットワーク攻撃である。

このホワイトペーパーでは、従来型のセキリティ手法がほとんど役に立たない、構築キットを用いて特定の企業などの攻撃に特化して作られたマルウェアを「モダンマルウェア」と定義し、その特徴と危険性、攻撃の流れをまとめている。また、次世代ファイアウォールや「WildFire」といった最新のセキュリティ製品/技術が、どのようにモダンマルウェアによる被害を食い止めるかをまとめている。

第1章:セキュリティにおける最新の脅威とは
第2章:ボット、ボットネット、ボットハーダーについて
第3章:なぜ従来型のセキュリティ手法ではだめなのか
第4章:次世代ファイアウォールはどのようにマルウェアを撃破するのか
第5章:モダンマルウェア対策の基本方針とは
第6章:最新セキュリティ技術WildFireとは?

本資料にて、最新型マルウェアの脅威(プロセス)と、それに対する対策をぜひご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]