ホワイトペーパー

新しいデジタルマーケティングの実践と管理のためのフレームワーク(第2回)

株式会社ウェブトレンズ・ジャパン 2010年12月06日

DM3フレームワークの6つの軸を知ろう
前回は、デジタルマーケティングを実践・管理していていく上で、なぜツールの導入だけでは不十分か、ベンチマークによる多面的な組織の現状把握が必要なのか、そして段階的な学習を経て目標への改善を進めていくことが重要なのかについてご紹介しました。さらに、こうした背景から、ウェブトレンズが開発したDM3 (Digital Marketing Maturity Model:デジタルマーケティング成熟度モデル) によるベンチマークと改善がなぜ有効なのかについてもご紹介してきました。
第2回目では、DM3による多面的なベンチマークと改善フレームワークの核となる6つの軸について、ひとつひとつ検証していきます。

1)測定戦略
2)解析リソースと課題分野の専門知識
3)データ統合と可視化
4)分析と考察/仮説
5)情報/課題共有とプロセス管理
6)最適化と改善の実行

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]