ホワイトペーパー

企業のAI活用を阻むリスク評価と管理、「包括的なAIガバナンス」実践に最適なアプローチとは?

日本アイ・ビー・エム株式会社 2024-03-04

現在、様々な業界・業種の組織が「AI(人工知能)」技術を活用して効率化やイノベーションを図っている。多くの組織では従来の機械学習を採用しており、さらに近年急速に普及している「生成AI」を採用し始めている。経済的価値を生む可能性を秘めている一方で、組織や社会にリスクをもたらす恐れのある新たな複雑性が生じている。
世界各国・地域で政府自らが主導するAI規制が敷かれる中、透明性が高く、説明可能で公正、包括的なAIシステムの構築を進めていかなければいけない。そこで重要となるのが、全てのステークホルダーを含めた「包括的なAIガバナンス」の確立だ。
この資料では、責任ある管理されたAIのためのフレームワークを示すとともに、企業が実践すべき「AIガバナンス」の効果的な進め方を解説する。事業成長に貢献するとともに、透明性が高く説明可能なAIシステムを構築・運用する方法を示している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]