ホワイトペーパー

なければヤバい?生き残れる「未来型対応企業」に資する4要件--IDC調査より

デル株式会社(ESG) 2016年07月07日

変化する市場環境に迅速・的確に反応し、将来にわたって、自らが「創造的破壊企業」として成長を維持できる企業には、どのような特長があるだろうか?本調査は、調査会社IDCがまとめた、ビジネス成否に直結する調査結果となります。

この中でIDCは、「未来型対応企業(詳細は資料内で解説)」を定義づける、4つの重要なITの側面を指摘します。その一つは、やはりクラウド。「未来創造企業は、高度に多様なクラウド戦略を整備している確率が高い」といいいます。

一方、高いレベルの未来対応度の達成には「回避すべきリスクと陥穽(かんせい:落とし穴)も伴う」とIDC。それは、どのようなものなのか?

詳しくは、ダウンロードしてご覧ください。

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]