ホワイトペーパー

富士重工事例:運転支援システム「アイサイト」の実用化を支えた膨大な画像データの管理・活用

日本アイ・ビー・エム株式会社(Storage_Flash) 2016年12月01日

富士重工(以下、スバル)が世界で初めて実用化した市販車向け運転支援システム「アイサイト」。
自動車業界に衝撃を与えたアイサイトの最大の特徴は2つのカメラで立体を認識するステレオカメラという技術を活用して実用化されている点です。
しかし、その開発は、ひたすら走って実験し走行画像を記録して機能を確認するという大変な作業の繰り返しでした。さらに映像という大容量データを使って開発を続けなければならないため、記録したデータをどのように管理し活用するかが課題でした。その問題を打破した仕組みがスバルと日本IBMが二人三脚で開発した実験映像データ統合管理システムです。

この時ストレージに求められたのが、ギガバイトからテラバイト単位の画像ファイルをいかに高速(具体的には数秒単位)で転送できるかというところと、実験によって得られた膨大な画像データをいかに経済的に長期間保管できるかという点です。

そして両社が出した回答が、フラッシュストレージ、ハードディスクストレージ、テープストレージの3階層を仮想化し1つのストレージとして運用することです。では具体的にどのようにストレージ基盤の構築しているかの詳細は資料をご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)