ホワイトペーパー

道路下の空洞をAIで素早く検知 - まちの安心安全を支える川崎地質のチャレンジ

富士通株式会社 2018年03月20日

川崎地質は、自治体や国からの依頼を受け、道路の下に発生する空洞を調査している企業だ。地下3~5メートルまで探査できる独自技術を武器に、クルマの安全走行を日々支えている。

道路の下に空洞ができると最悪の場合陥没する。2016年11月にJR博多駅近くで起きた大陥没事故が記憶に新しい。道路陥没は国内で年間3300箇所(平成27年度)も発生しており、事故が起きる前にいかに空洞を見つけるかが求められる。

これまで探査で生成される膨大なデータを人手で解析していた川崎地質。事故を未然に防ぐために、人の目で判断しているデータ解析に客観性を持たせたいと考えた。また、画像解析にかかる膨大な時間とコストを削減が必要だった。そこで目をつけたのがAIだ。

川崎地質は、AIをどう活用し、どんな成果を出したのか。本資料は、同社のチャレンジを追った事例カタログだ。ぜひダウンロードして、AI活用のヒントを探ってほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]