ホワイトペーパー

急げ、脱「人依存」の情シス!仮想化、HCIの普及でギブアップする前に…

株式会社日立製作所 2018年04月27日

仮想環境のさらなる普及は、今後確実に想定される。
それを後押ししそうな存在として、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)も今後は普及の兆しだ。OSやソフトウェアが導入済みで最適なプラットフォームが構築でき、システム移行も容易で拡張性も高いなど利便性が高い。

だが、そこで想定される「情シスの負担増加」の可能性は大きなリスクである。
HCIのような新たな世代の仮想化インフラは初期コストが安くサーバ増強も容易なため、「管理対象が激増」のシナリオは容易に想定できる。

管理対象が増え、定常業務や設定変更の手間もリニアに増大…。だが運用担当者が増えるわけではない。従来の人的リソースに依存した運用体制では、工夫がなければ必ずやキャパシティオーバーに至るだろう。

では、どうすればいいのか…。
本資料は、仮想環境の運用操作を標準化さらには自動化するための方法論とその効果が詳述されている。国内外でトップシェアを誇る統合運用管理「JP1」とHCI等の連携のケースなどを取り上げている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]