編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

ホワイトペーパー

調査結果が示す、マルチクラウド時代の中堅企業を救うデータ保護対策の最適解

デル株式会社 2020-10-05

新しい通貨ともいわれるデジタルデータは、いまやビジネスの生命線となっている。この貴重な資産を保護するためには、規模の大小にかかわらず適切なデータ保護環境を構築することが求められる。

しかし、マルチクラウドやエッジコンピューティングなどIT基盤の複雑化、ますます巧妙化するサイバー攻撃への対策、厳しい法規制対応、事業継続性向上を見据えたバックアップ/リカバリといった、データ保護に求められるサービスレベルは高くなる一方だ。特に予算や人員などに制約がある中規模企業では「既存のデータ保護環境では今後のビジネスの課題には対応できない」という嘆きの声も多くある。

自社に最適なデータ保護環境をどう実現すべきなのだろうか。以下の資料では、調査結果を基に、中規模企業を中心とするデータ保護対策の現状の課題を解説し、その具体的な解決策を提案する。自社に最適なデータ保護対策を実現したい担当者はぜひ一読してもらいたい。


第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーを搭載した
最新のインテル® vPro® プラットフォームで IT 強化と作業効率化を

 インテル® vPro® プラットフォームに第10世代インテル® Core™ vPro® プロセッサーを搭載し、妥協のない生産性とハードウェア・ベースのセキュリティー機能、処理能力の革新に繋がる基盤を提供します。

 Intel、インテル、Intelロゴ、Ultrabook、Celeron、Celeron Inside、Core Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Intel vPro、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Intel Optaneは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationまたはその子会社の商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]