ホワイトペーパー

既存のセキュリティ対策は“穴だらけ”─企業の命運は次世代型の防御アプローチにかかっている

ネットワールド(セキュリティ) 2019年02月18日

これまで海外で重要イベントにあわせて攻撃が増加した例から見ても、今後の日本を狙った攻撃は加速すると推測される。一方でセキュリティ違反をした企業に対する罰則規定を定めたEUのGDPRに見られるように、これからの企業はセキュリティに関してより大きな責任を負うことになるのは間違いないだろう。

しかしながら、セキュリティ対策をめぐる状況は非常に厳しい。「非マルウェア攻撃(ファイルレス攻撃)」などの新手の攻撃手法が次々と登場していることから、もはや従来のマルウェア対策では攻撃から100%守るのは難しいというのが現実なのだ。さらにこのような危機的状況にもかかわらず、セキュリティ人材はますます不足する一方にある。

本資料では、こうした背景を踏まえたうえで、企業や政府機関、各種団体が現実の取り組みとして採用できる、時代に即したセキュリティ対策の枠組みを紹介している。非マルウェア攻撃にも有効な「次世代アンチウイルス」や、セキュリティ人材の不足を解決する「運用支援サービス」など、新たな安心・安全のアプローチをぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]